スケーリングって言われてもどんなことするの・・?麻酔はちょっと心配・・

そこで今日はスケーリングについてご紹介させて頂きます!!

 

スケーリングとは・・
歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング(歯石取り)」といい、人も歯医者さんで行われている処置です。

人の場合は無麻酔で行われますが、わんちゃん・ねこちゃんは「お口をあけてくださ~い」と言って大人しく開けてくれるわけではないので、全身麻酔をかけての処置となります。
しかし、全身麻酔は・・と思う方もいるかと思いますが、歯垢や歯石は歯肉より内側(歯周ポケットの中)にも付着しますので、目に見えるところだけを除去しても効果は高くありません。むしろ、歯周ポケットの中の歯石の方が固く、取れにくいと言われています。
また歯石除去に使うスケーラーは先端が尖っているため、嫌がったり動いたりしてしまうわんちゃん・ねこちゃんの口の中に入れるのは大変危険です。口の中を傷つけてしまうだけでなく、押さえつけて無理やり行うとストレスや恐怖を与えてしまいます。

当クリニックでは麻酔のリスクを少しでも減らすために、術前検査をさせていただいてからスケーリングを行っております。

 

スケーリングの流れ
術前検査(身体検査・血液検査)

麻酔
術前検査で問題がなければ、麻酔前投薬を投与して必ず挿管(気管確保)して全身麻酔をかけます。

スケーリング
「超音波スケーラー」を使い、歯垢・歯石を取り除きます。歯周ポケットの中の歯石もしっかりと取り除きます。

ポリッシング
研磨剤を使い、歯の表面を磨いていきます。
歯の細かい凹凸を磨くことで表面を滑らかにして歯石を付きづらくするための作業です。

 

befoer!cid_4C156840-94CA-45BF-8EEC-7FE26D0703A9

 スケーリング前                   スケーリング後   

 

わんちゃんやねこちゃんの歯石除去は人と違い一日掛かりの処置となってしまいますが、一度歯石の付いてしまった歯はしっかりスケーリングをして、その後お家で歯磨きなど頑張って歯石予防をしっかり行ってあげることが重要になります。

当クリニックではスケーリング後の歯磨き指導も行っております。
お気軽にお問い合わせください。